2011年03月03日

スクエア〜雪山〜

スクエアとは英語で四角形の意。
すなわち、四角い部屋を意味する言葉である。
そして、今からするお話は、四角い部屋を頭で想像しながら聞いて欲しい。

雪山に出かけた学生5人(男3人・女2人)は吹雪の中遭難にあってしまった。
そして、その中の1人の女(仮にA子)が体力的に厳しくなり、歩けない状態となってしまった。
残る4人は交代でA子を背負う形で運んでいたが、
体力的に厳しいのは皆同じで、相談した結果、A子を雪に埋めて殺すことにした。
心痛める残る4人だったが、生き残るためにはこうするしかないと判断してのことだった。

4人が歩き進めると、1軒の山小屋を発見した。
4人は吹雪が止むまでこの山小屋で休むことにした。

山小屋といえど無人で暖房もなく、全員がいっぺんに寝ては危険と判断した4人は、
知恵を絞り、このスクエアという方法を考え付いたのである。

スクエアとは、四隅に1人ずつ座り、
1人目が起きてて一定の時間が経ったら2人目を起こす。
起こした1人目はその場で休み、起こされた2人目も同様に、一定の時間が経ったら、
3人目を起こしこれを繰り返していく・・・というものである。
こうすることで起きている人間は、次の人間を起こさなければならないという
使命感と緊張感が持てるし、
少しずつ休むことで全員の体力を回復できるのである。

まず、全員がそれぞれ四隅に座った。
1人目は、一定の時間が経ったので寝ている2人目のところへ行き、肩を叩いて起こした。
1人目はその場で休み、起こされた2人目も一定の時間が経ったので3人目を起こした。
起こされた3人目も最後の4人目を起こした。4人目も1人目が最初にいたところへ行き・・・と、これを繰り返していった。
何周かしたところで1人の男が、

「おい!皆起きてくれ!」

と、慌てた様子で全員を起こした。
眠い目を擦り、「どうしたんだ?」という様子の残る3人だったが、
男の次の発言で恐怖することになる・・・



あなたはもうお気づきか?



そう、不可能なのである。4人でこれをやると必ず1周で終わるハズなのに、
彼らはこれを何周も繰り返してしたのである。






「この中に俺ら以外の誰かがいる…」






数日後、この雪山で5体の死体が発見された。
実はこの雪山、山小屋など1軒もなく、全て雪に覆われた山道だったという。
そしてそこには、このスクエアをしていた4人の死体と、






途中で埋めた筈のA子の死体があったという・・・






いかがだっただろうか?
実はこのスクエアというのは、降霊術の一種として使われているという説もある。
あなたも友人達と試す時は、くれぐれも注意して欲しい・・・
posted by ウミガメ at 21:41| Comment(0) | 都市伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

霊感テスト

あなたには霊感がありますか?
自分には霊感がないと思っている人も、実は霊感があったなんてことはよくあることです。
ここでは自分に霊感があるかどうかわからないという人でも、
実際に霊感があるかどうか確かめることができる霊感テストを紹介します。

※この話はかなり危険なものを含みます。これをやった後に何があっても全て自己責任でお願い致します。





@まず目を閉じて下さい。(と言っても一応概要だけは読んで下さい)

Aそしてリラックスして頭の中で自分の家(または実家)の前に自分がいる様に想像して下さい。

B次に頭の中で玄関を開けて全ての部屋へ行き、全ての窓(押入れなども)を開けて下さい。

C玄関に戻り、今開けた窓を全て閉めて行って下さい。

Dまた玄関に戻って家の外に出たら目を開けて下さい。

・・・以上です。

どうですか?

あなたは頭の中で誰かと擦れ違いませんでしたか?

想像の中で動物や影などでも、何かと擦れ違った人は霊感があると言えます。
人間(一緒に住んでいる家族などは別として)などそれがはっきり見えた人は
かなり霊感が強いと思われます。

そして、

注意してもらいたいのが、もし誰かと擦れ違ってしまった場合、
その擦れ違った場所(つまりあなたの家の部屋の何処か)には、

本当に霊がいるといいます・・・



霊感テストみたいなものは他にもいくつか存在しますが、
その中でもこれはかなり危険な部類だと思います。
何故かと言うと、既に霊感を自覚している人なんかがこれをやった場合、
精神体が解離した状態になることがあり、かなり危険な状態になるからです。
そして見えてしまった人は、本当に霊がいるかもしれない家にこれからも住み続けなければなりませんよね?

冒頭でも申し上げましたが、何があっても自己責任でお願いします・・・
posted by ウミガメ at 18:25| Comment(0) | 洒落にならない怖い話(しゃれこわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

悲しんでくれるかい?

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:12:56.82 ID:5e2tTJbD0
一人の女の子がいた。性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。
また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。
しかし、おじいちゃんは今は入院しており、余命は長くなかった。
医師がもう残りわずかの命である事を伝え、女の子は両親に連れられ病院に行った。
病室で女の子の両親はおじいちゃんと話した後、医師の説明を受けに病室を出て行った。
病室には女の子とおじいちゃんの二人。
女の子はおじいちゃんに、学校の事や最近楽しかった事などいろいろな事を話した。
しかし、途中で女の子は泣きながら
「おじいちゃんいなくなるの?」
と聞いた。するとおじいちゃんは
「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」
と言った。女の子は
「うん……でも死んじゃいやだよ」
とつぶやいた。
その後、女の子は家に帰ることになり、その次の日おじいちゃんは帰らぬ人となった。
女の子はその日、わんわん泣いた……。
一か月後、ある記事が新聞の隅に載った。
一部抜粋すると
「一家心中、動機は全くの不明。女の子の名前は斉藤加奈ちゃん」






posted by ウミガメ at 12:17| Comment(2) | 意味がわかると怖い話(怖いコピペ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。