2011年02月16日

ゆかりちゃん

71 :本当にあった怖い名無し:2010/05/14(金) 20:17:02 ID:C1QFBkiG0

あるところに、ゆかりちゃんという女の子がいました。
ゆかりちゃんは、お父さん・お母さん・ゆかりちゃんの3人で幸せに暮らしていました。
しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまいました。
それからというもの、ゆかりちゃんのお母さんは、朝早くから夜遅くまで必死になって働きました。 母子家庭だからと後ろ指を指されないように。

立派に小学校を卒業させ、中学校卒業間際に、もともと病弱だったお母さんは、過労が重なり倒れてしまいます。
亡くなる直前、お母さんはゆかりちゃんを枕元に呼び、「ゆかり、お母さんまで先に逝ってしまってごめんね。どうしても困った時にはこれを開けなさい」と、手作りのお守り袋を渡し、天国に行きました。

それからゆかりちゃんは親戚の家に引き取られ、高校へ通っていました。
通学かばんには、あのお守り袋が付いています。

ある日、クラスの男子が「ゆかり、いつも付けてるそのお守り、見せろよ」とからかってきました。でもゆかりちゃんは大切な物だったので言葉を濁し、見せようとはしませんでした。
男子は無理やりむりやり奪い取ってしまい、とうとうそのお守り袋を開けようとしました。
ゆかりちゃんは全てを説明し、返してもらおうとしましたが、引っ込みが付かなくなった男の子は、お守りの中の物を手にしました。

中には手紙が入っていて、それを見た男子は・・・絶句しています。ゆかりちゃんは今まで手紙が入っていた事すら知らなかったので、男子から手紙を返してもらいました。

その手紙を見た瞬間、ゆかりちゃんは号泣しました。

手紙にはお母さんの文字で、はっきりとこう書かれていました。


ゆかり 死ね。






posted by ウミガメ at 01:12| Comment(0) | 2chの怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

悪の十字架

200X年某日、教会にて一人の男が扉の前で佇んでいた。
男がいくら扉を開けようとしてもビクともしない。
男がふと視線を右に逸らすと張り紙がしてある。
張り紙を見て男は愕然とした・・・



その紙には何とあるメッセージが書いてあった。

「教会が開くのは十時です。」

あ、開くの十時か・・・



「悪の十字架」






posted by ウミガメ at 05:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当サイトについて

当サイトのカテゴリ【2chの怖い話】と【意味がわかると怖い話(怖いコピペ)】につきましては、
主に2ちゃんねるのオカルト板からの引用になります。

カテゴリ【洒落にならない怖い話(しゃれこわ)】は、
当ブログを閲覧されている読者様の身に危険が及ぶ恐れがあります。
それをご理解の上でお読み下さいませ。
尚、お読み頂いた上で何がおきても全て自己責任でお願い致します。

また、都市伝説等の話は、地域によって一部話が違う場合がございますので、
ご了承頂きます様お願い申し上げます。

本当にあった【ら】怖い話管理人
posted by ウミガメ at 04:26| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。